見てくれているか

東大合格者数が公立高校で1東京都立日比谷高校武内彰校長の著書よりご紹介させていただきます。

子どもというのは、私たちが思う以上に、大人のことをよく見ています。

私たちが思う以上に、この人は自分たちと真剣にかかわってくれるか見てくれているかということを品定めしているのです。

私は廊下で子どもたちと会っても、日常的に自分から挨拶します。

素っ気ない反応の子もいます。

ポケットに手を突っ込んだままだったり、首を少しうなだれるだけだったり。

でも、気にしません。

声もかけます。

風邪をひかないようにねとか最近どうだい?行事のこと、よろしくねなどなど。

とにかく、できる限りかかわりを持つようにしています。

子どもたちだけではありません。

教員たちも同じです。

校長の私が見ていることが伝われば、次第に態度が変わってきます。

中略

子どもたちがこちらを見ていてくれることを信じ、こちらも子どもたちを見守っているよというメッセージを絶やさない。

教師と生徒は、互いに、見て/見られての関係かもしれません。

これは、親子でも変わらないと私は思います。

いや、お互いあまり近くにいすぎてふだんは忘れていますが、親子関係こそ、もっとも身近な見て/見られての関係でしょう。

口やかましく叱ったところで、子どもは大人の思うようには動いてくれません。

それよりも、大人は子どもを見守る。

そして、見守っていることをつねに示す。

そうすれば、子どもとの信頼関係は自ずと生まれてくると思います。

学ぶ心に火をともす8つの教え武内彰著マガジンハウス

ある工場で、社長や重役が視察に来て実験しました。

工場の照明をもう少し明るくすれば、生産性が上がるのではないか?

すると、生産性が上がったそうです。

しかし、そのデータだけでは不十分なので、照明を少し暗くして生産性を計ると、なんとっ!また生産性が上がったのです。

音楽を流したり、何かと実験しましたが、全て生産性の向上に役立ちました。

そして、あることに気付いたのです。

つまり、

社長や重役に見られているという意識が、生産性を上げていたのでした

野球の練習に、お父さんやお母さんが毎回見に来ている家の子は、良いところを見せようとするので、意識して練習します。結果、成果が出やすいのです。

イチロー選手のお父さんは、イチロー選手が小学校の三年生の時から中学に入るまで、学校から帰宅して日が沈むまで毎日の練習に付き添い、また練習後は毎晩イチロー選手の足の裏をマッサージをしていたそうです。

そして、中学生になって部活を始めてからは、部活の練習をほぼ毎日バックネット裏で観戦したのです。

教える立場にある人は、見守ることと背中を魅せることが大切ですね

そこにごまかしは通用しません。

広告を非表示にする